読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月19日(日) 快晴の中のビジネスホテルにて M性感嬢との対話

小林麻耶似の、笑顔の素敵なM性感嬢

 

(アナルをほじほじ、チンコをしこしこしながら)

 

嬢『ねぇ。』

 

僕『ん?』

 

嬢『彼女とかいないの?』

 

僕『いない、あっ、』

 

嬢『じゃああんま経験ないんだ?』

 

僕『うん、あっ、』

 

嬢『彼女つくんないの?』

 

僕『うん、Mだからね。』

 

嬢『え?』

 

僕『相手が気持ちよくなってるとか、どうでもいいからなぁ。あっ、ふーっ。信じられるのは俺が気持ちいいということだけ。だから彼女もできない。あっ、』

 

嬢『そんな考え方じゃ女の子がオナホじゃん!』

 

僕『それはだめだ。だから俺はM性感に来ている。倫理的だろ。』

 

嬢『確かに。』

 

僕『確かに。』

 

嬢『絶対M性感向いてるよね、どう考えてもMだもん。』

 

僕『だろ、あっ、あっ、』

 

嬢『うん。』

 

僕『あっ、』

 

嬢『また来る?』

 

僕『その可能性も否めないね。あっ、』

 

嬢『あとで私の1000円割引券あげるよ?また来る?』

 

僕『その可能性も否め、あっ、あーっ、』

 

嬢『あー、ここ弱いんでしょ!(笑)』

 

僕『よわぁっ、あっ、あっ、あーんっ、』

 

嬢『また来る?』

 

僕『その可能性も、あっ、あっ、』

 

嬢『また来る?』

 

僕『否めっ、否めっ、否っ、否っ、否っ、否っ、否っ、否っ、否ぁっ!!!』

 

嬢『すごい出たね。』