M性感嬢に『すごく綺麗な仁王立ちだね』と言われた話

 最近、仁王立ちをしたことはあるでしょうか?

 ある、と瞬時に応えることのできる人は、おそらく少ないでしょう。私もつい先ほど、M性感嬢に『すごく綺麗な仁王立ちだね』と言われ、自分がこれまでの人生で仁王立ちをする機会が全く無かったことに気づいたのだ。

 

 〝仁王立ち〟と聞くと、男らしく、キリッとしていて、すごく気合いの入っている佇まいのイメージがある。しかし、私がM性感嬢に『すごく綺麗な仁王立ちだね』と言われたのは、プレイ前のシャワー中での出来事であった。もちろん、シャワーが終わればベッドでたくさん攻めてもらうので、シャワーの時というのは気合いが入っているタイミングと言えばそうなのだが、別に気合いが入っていたから仁王立ちをしたのではない。M性感なので当然、シャワータイムにお尻の穴を洗われるわけであるが、その際にM性感嬢が私のお尻の穴を洗いやすいようにと、両足を肩幅よりも少しだけ大きく広げただけなのだ。その姿を見て、M性感嬢は『すごく綺麗な仁王立ちだね』と呟いた。

 

 仁王立ちの〝仁王〟とは、法隆寺東大寺など、寺院の入口の門の左右に建てられている金剛力士像のことであり、原則的に阿形吽形の一対で造像されることから〝二王〟とも呼び慕われている。

 

f:id:shirotodotei:20170306205835j:plain

 向かって左、口を大きく開けて怒りの表情を顕にしているのが阿形像であり、向かって右、口をビシッと引き締め怒りを内に秘めた表情をしているのが吽形像である。これら仁王(二王)の力強い佇まいこそが〝仁王立ち〟なのだ。

 

  ここで既に、1つの問いが生じてしまっている。

シャワー中に仁王立ちをした私は阿形だったのか?それとも、吽形だったのか?

   オーストリア精神科医で心理学者でもあるヴィクトール・E・フランクルは、その著書『夜と霧(Nacht und Nebel)』の中で次のように述べている。

 

Wir müssen lernen und die verzweifelnden Menschen lehren, daß es eigentlich nie und nimmer darauf ankommt, was wir vom Leben noch zu erwarten haben, vielmehr lediglich darauf: was das Leben von uns erwartet! Zünftig philosophisch gesprochen könnte man sagen, daß es hier also um eine Art kopernikanische Wende geht, so zwar, daß wir nicht mehr einfach nach dem Sinn des Lebens fragen, sondern daß wir uns selbst als die Befragten erleben, als diejenigen, an die das Leben täglich und stündlich Fragen stellt 
 
私たちが学ばなければならず、また絶望している人たちに教えなければならないのは次のことであります。すなわち、私たちが人生に何を期待すべきかなどということは決して問題ではありません。そうではなく単に、人生が我々に何を期待するかということだけが問題なのであります。 これはひとつのコペルニクス的転回です。すなわち、私たちは人生の意味のほうに向かって問いを立てるということをもうやめてしまうのであって、そのかわり、自分自身のことを人生から問いを問われた者として捉え直すのです。そのようにして問いを問われた者の上へと、人生は毎日毎時、問いを立てかけてくるのであります。

 

  まさに、このような意味において、私も人生の方から意味を問われてしまっているのだ。M性感嬢が私のお尻の穴を洗いやすいように両足を広げた、などという私の人生に対する期待などとは無関係に、『すごく綺麗な仁王立ちだね』と言われた時、その問いは人生の方からやってきたのだ。すなわち、お前は阿形なのか、吽形なのか?

 

  フランクルは、先ほどの引用文の続きの中で『人生から期待されている問いに我々は応えなければならないのであるが、正しい応えは、沈黙やおしゃべりによってではなく、ひとつの行為によって、ひとつの正しい態度によってなされるのである。』と述べる。私の本日のM性感でのプレイ態度を振り返ってみれば、自ずとその問いの応えも見つかるはずだ。

 

 シャワーを終え、ベッドで四つん這いになるように指示された私は、思いっきり四つん這いになった。M性感嬢から魔法の浣腸(コーヒーとお酒を掛け合わせた浣腸)を注入され、臓器に馴染ませる。魔法の浣腸はカフェインの力で前立腺アルコールの力で全身を敏感にすることができるものらしい。ちょっと文中に線が入って見にくい点があったかもしれないが、それは、この浣腸をどうしても〝魔法の浣腸〟と言い張るM性感嬢の気持ちを汲み取ってのことだ。気にしないでくれ。

 

 次はベッドに仰向けに寝るように指示されたので、言われるがままに仰向けに寝る。すると、M性感嬢が指サックとローションをつけた指をおもむろにアナルに突っ込んだ。アナルは大きく口を開く。普段は締まりきっているせいか、口を開いたところで口回りの表情は相も変わらずしわくちゃで、アナルは怒ったような不機嫌な表情を覗かせている。口を大きく開け怒りを顕わにするアナル。。。そう、この表情、まさに阿形だ!

f:id:shirotodotei:20170320150108j:plain

 

 仁王立ちをした私の正体は阿形だったということなのか?いやいや、そう断定するのはまだ早い。我々はまだ慎重にプレイを続けなければならない。

 

 阿形(アナル)に指を突っ込まれる。この日は、プレイ前の問診票でドライオーガズムを目指すことを提案しておいた。ドライオーガズムというのは、前立腺を刺激することでドライ(体液の発射なし)にイクことである。阿形(アナル)から指を突っ込み、直腸越しに前立腺を刺激される。前立腺は刺激されることによって収縮し、興奮を生み出す。その表情は外部から確認することはできないが、収縮するということは、恐らくこんな表情をしているに違いない。

 

f:id:shirotodotei:20170506183319p:plain

 

そう、吽形だ!

 

 前立腺刺激とは、まさに阿形(アナル)吽形(前立腺の合わせ技、俗にいうところの〝阿吽の呼吸〟によって成り立っているのだ。

 

f:id:shirotodotei:20170506195329p:plain

 

 

 ここでいう〝阿吽の呼吸〟の〝呼吸〟とは、おそらくオナラのことだろう。アナルに指突っ込まれてると、たまにプップップップッめっちゃ鳴る時あるからね。

 

 阿形〝阿〟サンスクリット語で始まりの音であり、吽形の〝吽〟は終わりの音である。英語で言うところの〝A〟と〝Z〟の関係だ。〝〟は「宇宙の始まり」という意味を持ち、〝吽〟は「宇宙の終わり、涅槃」という意味をもつ。〝〟と〝吽〟の間には広大な宇宙が広がっているというのがサンスクリット語の教えである。

 

 阿形(アナル)から指を突っ込まれ、吽形(前立腺を刺激された私の身体に、興奮の波が訪れる。この興奮の波は、自分の身体の内にある前立腺によって引き起こされているにも関わらず、自分の身体の外側からやってきた波に襲われるかのような感覚を受ける。それに加え、前立腺から引き起こされるこの波というものは見事なまでに自分の思い通りにならない。興奮が高まってきたので、いよっしゃ!このままいくぞ~!と気合いを入れると、さっきまでの大きな波が嘘のように引いてしまったり、全く気持ちよくないから脱力していると突然大きな波がやってきたりする。自分の内側にあるにも関わらず、自分の内側にはないような性格をもつのが前立腺の特徴だ。

 また、同時に逆の動きも生ずる。前立腺の刺激により身体が興奮状態になると、魔法の浣腸の力も相まって、恐ろしいくらいに神経が敏感になる。ラブホテルでプレイをしていると、下の階から人が上がってくる足音が手に取るように感じられ「1...,2...,3...,4...,5...,6段階段を上り、1...,2...,3...,4歩進んで、ガチャッ、ドアを開けた」というように、今度は自分の内側の範囲が外にまで拡張し、まるで文字通り自分がラブホテルの一部になったかのような身体感覚になる。

 自分の内側にあるはずのものが外側にあるように感じられ、自分の外側にあるものが自分の内側であるように感じられる。オプションのアイマスクをつけて視覚情報をシャットダウンした日には、内と外の境界なんぞ完全にわけのわからないことになってしまう。

 

   宮沢賢治の作品に『銀河鉄道の夜』という童話がある。この作品は、学校の教室で『宇宙に光る銀河は1つ1つの星から成り立っていて、私たちの住む地球もその中の1つの星であります』と、先生が授業をしているシーンから始まる。ある日、主人公のジョパンニが丘の上から、銀河の上を走る列車を眺めていると『銀河ステーション、銀河ステーション』と、どこからともなくアナウンスが聞こえ、ジョパンニはいつの間にか、自分が眺めていたはずの列車の中にいる。宇宙に輝く銀河を眺めている際の起点となっていた地球もまた銀河の一部を形成しているように、私たち自身もまた眺めているもの(列車)の一部を形成しているという、その視座の転換、あるいは、〝ここにいる私〟という特定の視座の固定性から解放された認識のあり方こそが、宮沢賢治の描いた〝宇宙〟であった。

 

  前立腺刺激が教えてくれるのは、宮沢賢治的な意味での〝宇宙〟だ。私の身体の中にある前立腺は私の外部の一部であるし、ラブホテルを眺めている私はラブホテルの一部でもある。

 

   前立腺刺激による長い宇宙の旅の中、意識も朦朧となり、身体の自由も失われた頃、涅槃(ドライオーガズム)が訪れる。 

 

その際、

 

『阿っ、阿〜んっ。やばっ、阿っ阿っ、阿〜んっ♡』

 

と、思わず声を上げてしまうので、『すごく綺麗な仁王立ちだね』とM性感嬢に言わせしめたあの仁王立ちの正体は、どうしたって阿形なのである。

 

f:id:shirotodotei:20170320150108j:plain

 

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜