プロフィール

プロフィール

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

26歳素人童貞 a.k.a 素童

T179 B92(A) W73 H89

血液型B
出身地栃木
性格つらい
好きな食べ物カレー
好きな飲み物イソジン
マイブーム逆指名カードを貰いに行くこと
ファーストキスの味は?イソジン
初体験のシチュエーション小山セクシービーム
チャームポイントやくみつる似の顔
店長からのコメント
2018/11/10(土) 風俗エッセイ
『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』が発売されました。amazonレビューよりも、読書メーターのレビューよりも、風俗嬢の写メ日記でのレビューの方が多い本です。
店長からのコメント
完全業界外未経験の正真正銘の素人童貞です。
スケジュール
5/13(月) 5/14(火) 5/15(水) 5/16(木) 5/17(金) 5/18(土) 5/19(日)
 新宿で飲み会   池袋で飲み会   池袋で飲み会?   10:00 ~ 18:00   ヘルス   読書   読書 

週刊誌のライターから連絡が来ない

 あれは、去年の初夏のこと。

 

 Twitterで知り会った友人から「〇〇って週刊誌のライターさんが取材したいって」と、連絡が届いた。昨年の1月に放送されたタモリ倶楽部、デリヘル嬢の紹介文の分析に関して取材したいという内容だった。1月に放送されたものについて、初夏に週刊誌で取り上げるのは今さら感があるのではないかと思ったものの、しっかりとした週刊誌なら取材を受ければ風俗に1回行けるくらいの謝礼をくれるということもなんとなく知ってきたので、2つ返事で引き受けることにした。

 

 ライターの方が、池袋に伺ってもよいし、神保町にある出版社のビルに来て頂いても良いということだった。基本的に風俗しか行かない人間なので、こういった機会がなければ出版社に足を運ぶ機会もないし、神保町でカレーも食べたいし、出版社のビルに足を運ぶことにした。分析につかったKHCoderという自然言語分析のフリーソフトウェアの使い方も実際に見せてほしいということで、ノートPCを担いで神保町に向かった。

 

 出版社のビルの目の前に到着して電話をすると、30代後半くらいの、肌が浅黒くて目がクリッとしたライターのお兄さんが現れた。茶色いTシャツに、ジーパンの軽装だ。パリピのようなタイプの人の取材にも、私みたいな鬱屈とした人間の取材にも、幅広く対応できそうな柔らかさを持っている人だという第一印象を持った。

 

どうぞどうぞ、会議室に案内しますので

 

 そう言われてビルの裏側の入口からそそくさと入館して、会議室のある部屋に向かって歩く。

 

何かお飲み物でも飲みますか?

 

 会議室に向かう途中にあった自販機の前で、ライターのお兄さんが聞いてくれた。

 

冷たいココアがいいですね

 

はい~っ

 

 お兄さんが財布から出した小銭を自販機に投入していく。出会ってから始めて2人が立ち止まり、ゆっくりな時間が流れた。小銭が自販機の中へ落ちて行く音が響く中、何か気の利いたことでも言おうと思い立って、お兄さんの服装に視線をやって、話しかけてみた。

 

週刊誌のライターの方って、普段から凄くカジュアルな格好で働いているんですね

 

そうですね!まぁ、政治家とか経営者の方とか、そういう地位の高い方を取材する時はしっかりスーツ着ていきますけどね!

 

浅黒い肌と奇麗にコントラストを描く白い歯を出しながら爽やかに言葉を返すお兄さんから、社会的地位の低い私は冷たいココアを受け取って、また2人で会議室へと歩き出す。

 

 30人は軽く入りそうな広めの会議室の中に、長方形になるように長机が並べられており、その一隅にL字型になるような形で私とお兄さんは座った。デープレコーダが机の上に置かれ、お兄さんは黒のボールペンと、それから真っ白なA3ほどの大きさの紙を2つ折りにして机に置き、取材が始まった。

 

うちの読者の方々はですね、結構、その人のバックグラウンドというか、人柄を知ってから記事を読みたいタイプの方が多いんですね。ですから、まず、素人童貞さんの職業とかから伺っていってよいでしょうか?

 

 個人的には、ご飯食べたり、お酒を飲んだりしながら、冗談を交えて風俗の話をして、そこから自由に切り取ってもらえるような取材が楽しくてお金も貰えてお腹もいっぱいになってハッピーという感じなのだけど、社会的地位が低い私は冷たいココアを飲みながら真面目に応えていく。

 

はい、IT企業勤めなんですね。IT企業っていうと、、、SEとかですか?はいはい、なるほどなるほど。勤めて何年くらい?おー、じゃあ割と最近なんですね。へー、収入の方は、、、まぁまぁ、同年代の平均くらいってことでいいですかね。それで池袋で一人暮らし?家賃いくらくらいなんですか?その中で風俗行くの大変でしょう。えーっ、奨学金も返してるんですか。じゃあもう使えるお金は全部風俗に突っ込むって感じで。はっはっは、そうですか

 

 ライターのお兄さんは、私が応えていくことを、A3の紙に丁寧に一つずつメモしていく。

 

 「あのデリヘル嬢の紹介文の分析というのは、どうしてやろうと思ったんでしょうか?はっはっは、お金が無くなって無料でできることを探してたからなんですね。でもそれより前から風俗で指名する時に、紹介文は参考になるなぁ~、みたいな気持ちもあったんですよね?はい。それで分析してみようと。なるほどなるほど。IT企業勤めってことですけど、これ仕事で使ってるツールだったりしたんですかね?あー、違うんですね。大学の時に勉強してたとかですか?あー、じゃあ実際に分析しようと思ってから勉強し始めたんですね。なるほど~。これオンエアされてから反響とかありました?

 

 ライターのお兄さんは、相変わらず丁寧にメモを取っていく。時よりメモを見直しながら、前の話と繋がりの不明瞭な部分を掘り下げるように質問をし、A3の紙の上の文言を線で繋げてマインドマップのような一つの図を作っていく。私の人柄に関する質問と、デリヘル嬢の紹介文の分析の話で30分ほどが経過した。

 

 「えーと、それじゃあ今度は素人童貞さんの女性の好みも聞いてみたいんですけど、どんな子が好みですかね?あー、たぬき顔の子なんですね。いいですねー、僕も好きですね。うん、西洋系よりも日本人顔の方がいいですよねぇ。わかります、わかります。おっぱいとかはどうですか?へー、あーお尻派なんですね。いいですねー、僕もどっちかって言うとお尻派ですね。ちょっと筋肉があるくらいがいいですよねー、なるほどなるほど。プレイ内容とかだと、どんなのが好きですか?キスいいですよねぇー、キス大事です。僕も好きですね。あー、添い寝もいいですね、僕も添い寝好きです、わかります。あーM性感も行かれるので、お尻責められるのも好きなんですね。いやー僕はお尻はないかなー。お尻はないですねー。

 

 A3の用紙には、「たぬき顔、お尻派、キス好き、添い寝」とメモされ、お尻のことに関しては何も書かれなかった。

 

 「あとはどんなプレイが好きですか?顔に唾を吐かれるのですかー、いやー無理っすね。僕それ、無理ッス」 



 「たぬき顔、お尻派、キス好き、添い寝」の次に「顔に唾を吐かれる」が追記されることも、もちろんなかった。こうして、私の経歴と、デリヘル嬢の紹介文の分析の話と、ライターのお兄さんの性癖が書かれたメモが出来上がった。始まってから、40~50分の時間が経過していた。

 

 「そういえば、僕、吉祥寺のピンサロによく行くんですけど、ちょっと紹介文を実際に分析してみてもらっていいですかね?

 

 持参してきたノートパソコンを取り出し、ライターのお兄さんがよく行くというピンサロのホームページを開いた。

 

 「この子どうですか?あー、うんうん、その言い回しがいいんですね。確かに、ブログにもそうやって書かれてましたもんね。実は、この子、僕がこの前指名した子なんですけど、確かにいい子でしたね~!性格が前向きで、暗いところがなくて、うんうん。

 んじゃ次にこの子はどう?あー、この書き方はよくないんだよね。へー、いやぁ、今度この子指名しようと思ってたからさ、そー言われてみると確かにあんまり良く書かれてる紹介文ってわけじゃないっすねぇ。んじゃ次は池袋ピンサロのホームページみましょうか

 

 突然、ピンサロ嬢の紹介文分析大会が開催され、気づくと1時間以上時間が経っており、取材よりもピンサロのホームページの紹介文を眺めている時間の方が長くなっていた。

 

 「あれ、もうこんな時間だ。すいません、最後にもう一人だけ指名しようと思ってた子思い出したので、また吉祥寺のピンサロのホームページ開いてもらってよいですか?

 

 最後にもう1人分のピンサロ嬢の紹介文を読んでコメントをし、ピンサロ嬢の紹介文分析大会は幕を閉じた。ライターのお兄さんの反応からするに、おおむね納得してもらえているようだった。

 

 「遅くまで申し訳ございません、ありがとうございました

 

 挨拶を終えて、2人で会議室を出てビルの出口に向かって歩く。

 

 「そういえば、逆ナンパ喫茶って知ってます?最近、僕行くんですけど、素人童貞さんもMなので会うと思いますよ。浅草と池袋にあるんですけど、僕は池袋の方がお勧めですね。それじゃあ、本日はありがとうございました!

 

 逆ナンパ喫茶のお勧めをしてもらいながら出口に向かって歩き、出口に到着したところで、私だけ外に出てお別れをした。それから半年以上が経過しているが、ライターのお兄さんからは、何の連絡もない。