プロフィール

プロフィール

イメージ

25歳素人童貞 a.k.a 素童

T179 B92(A) W73 H89

血液型B
出身地栃木
性格つらい
好きな食べ物カレー
好きな飲み物イソジン
マイブーム池袋の風俗のオプションまとめ
ファーストキスの味は?イソジン
初体験のシチュエーション小山セクシービーム
チャームポイントやくみつる似の顔
店長からのコメント
 シャワーで身体を洗ってくださる時、シャワーのホースが男性器に当たらないようにしてくれると嬉しいです(>_<) 先っちょに当たると痛いです(>_<)
店長からのコメント
 完全業界外未経験の正真正銘の素人童貞が入店しましたっ!まだ右も左もわからない新人ちゃんですので、シャワーのホースは男性器に当たらないようにお願いします!
スケジュール
5/13(月)5/14(火)5/15(水)5/16(木)5/17(金)5/18(土)5/19(日)
 -  -  デリヘル ロボットデリヘルのあきさんが主宰する第1回目の飲み会 -  -  - 

風俗ライフハック① 女の子とちんちんの食感の話をしよう

 こんばんは、25歳素人童貞です。

 いつもは人生において全く役に立たないことをブログに書いておりますが、たまには民衆の役に立つことも書いてみようと思わないこともないので、風俗のライフハックについて書いていこうと思います。今日はね、風俗嬢と楽しく会話をしたいけど話題が思いつかない方にお勧めのライフハックです。

 

 先月、初めて男の娘ヘルスに行き、気づかない内に「素人童貞」だけでなく「素人処女」にまでなってしまったいた25歳素人童貞であります。

 


 上の記事を読んで頂ければわかるのですが、人生で初めて他人様のちんちんを舐めました。俗にいうところの、フェラチオです。ちんちんの食感は、あまりにもちんちんとしか形容ができないほどにちんちんで、他の何物にも代えがたいものでありました。言葉で無理やりにでも表現するのならば、ホュヨホュヨとでも言うべき食感です。

 

 このホュヨホュヨという言語的表現は、そこそこの共感を呼ぶことができました。これまで数々のおちんちんを舐めてきた女性の方からも共感をして頂き、とりあえず私の妄言ではないということを理解して頂けると信じております。

 

 

 ちんちんの食感を知ってからというもの、ピンサロやデリヘルを利用した際のプレイ終わりのピロートークで「ちんちんの食感ってサァ...」と、ちんちんの食感についての話を切り出せるようになったのですが、これは善い会話になることがわかってきました。

 

 とても不思議なことでありますが、私たち日本人はちんちんの食感についての共通言語を持っていません。たとえば、エビチリだったら「プリップリッ」、オムライスだったら「ふわとろ」など、食感を共有できる言葉というものを日本人は歴史的に形成してきたわけですが、ちんちんに関してはそういった言葉はありません。少しその場で考えてみてください。貴方はちんちんの食感を言葉にできるでしょうか?恐らく、できないのではないかと思います。原因は、これまでの日本人の怠慢です。

 

 表現できる言葉はないけれども、フェラチオをしてきた風俗嬢はちんちんの食感についての経験はもちろん豊富です。経験はあるにも関わらず、それを語るべき言葉を持たない状態というのは、つまるところ孤独なのであります。もちろん、その風俗嬢が孤独なのだと言いたいのではありません。1人の風俗嬢の中には、家族の中の自分や、恋人と一緒にいる時の自分、風俗の待機所で待機してる時の自分など、複数の自分があると思います。その中で、〝フェラチオでちんちんの食感を感じている時の自分〟というのが、圧倒的な孤独を抱えているのです。災難なことに、〝フェラチオでちんちんの食感を感じている時の自分〟が孤独であるということにすら気づいていない風俗嬢が大半です。かわいそうです。救ってあげなければなりません。

 

 だからね、プレイ終わりのピロートーク

ちんちんの食感ってサァ...

って切り出してあげると、もう、これまでに見たことがない表情を見せてくれる風俗嬢が多いです。

よくよく考えてみるとさ、ちんちんの食感について話す人っていなくない?

とか言って、〝フェラチオでちんちんの食感を感じている時の自分〟が実は孤独であったことに気づかせてあげるのも非常に善い方法です。孤独だと気付かせた後にすかさず、

ちんちんの食感ってさ、他の何かで代替できないよね。ちんちんの食感はちんちんの食感としかいいようがない(キリッ

って立て続けにまくしたてると、もう太陽のような笑顔を見せてくれます。そこで

ちんこの食感ってさ、〝ホュヨホュヨ〟だよね!!!

って最後に決め台詞を言ったならば、もうどんな風俗嬢もイチコロです。風俗嬢の方も僕がお客さんであることを完全に忘れてしまっていると思います。おそらく、〝ちんこの食感を語ってきた人〟に見えてると思います。かけがえのない関係性ですね。

 

 これは、孤独と気づかせてからの共感という、マルチ商法とか宗教の勧誘で典型的な話芸ですけど、驚くことに、ちんちんの食感の話で熱く共感できてもその先に何もありません。もう、びっくりするほど何にも繋がらないです。「で?」ってなります。

 

 でもね、ちんちんの食感について話を始めた時に、風俗嬢のキラキラとした一瞬の笑顔を見ることができると、今日は善い日だったなぁ、って思えます。