おっパブ女子会を開催したら楽しかった①

 こんばんは。25歳素人童貞です。

 最近、メンズエステとかM性感とか、男の人が受け身のお店が本当に多いですね~。メンズエステに言ってお尻の付近を撫でられてアッアッしていると「女の子みたいになっちゃってるじゃ~ん!」とエステ嬢に言われたり、M性感でガッツリお尻をいじられると「オラオラ!ケツマ〇コがヒクヒクしてるじゃないか~!この変態ちゃんが!」などとM性感嬢に罵られたり。そんなこともあって、すっかり身体も心も女の子になって来たからなのか、おっパブ女子会を開催しました。

 今年の7月頃に暇な女子大生を目指しているようなアカウントの京都の女子大生から連絡があって「男の人が風俗でサービスしてもらっているところを見たいです」とのことだったので、じゃあ開放的なおっパブに行くか~という考えになり、Twitterでおっぱぶレポを書いていたOLさんに突然連絡をして、晴れて3人でおっパブに行くことになりました。後から聞いた話によると、おっぱぶレポOLさんは私からリプライが飛んできた時にブロックしかけたようです。

 

 とうわけで、おっパブ女子会開催かと思われましたが、言い出しっぺの女子大生の方が一向に東京に来ず、しまいには連絡も来なくなってしまいました。これぞTwitter社会という感じがして、とても感慨深いです。というわけで、発起人がいなくなってしまったわけですが、こういう場合は「おっパブが俺を呼んでいたんだ」という風に捉えると人生も男性器も前向きに生きていけるのは明らかであるので、発起人がいなくなっても勃起人はおっパブに行くことにしました。その後も様々な方を誘って、様々な方が興味を持ってくれたのですが、様々な事情により2転3転4転して、おっパブ行く前日にフリーライターOLの人に声かけたら来てくれましたー。

 フリーライターとかやってる人って、フットワークが軽いんだなぁ。尊敬します。でもアダルトグッズが何十個も家に送られてきてレポートしなけばならないこともあるらしく、フリーライターというのも大変らしいです。

 Twitterで様々な人に連絡してみて思ったのですが、意外とおっパブに興味を持つ人が多かったです。ジェンダーレス社会が進行している昨今、今まで男の人だけが行くものだと思われていた風俗店に興味を持つ女性の方も割といるようです。しかし、そこには様々な困難が立ちはだかっております。 まず、女の人が性風俗店に行こうと調べてみても、情報が圧倒的に少ないです。男向けの情報はありすぎるほどあるんですけど。僕も初めて性的なお店に行った時はヤバイとこなんじゃないかと怖かったですから、情報が得にくい女の人が行こうとするのは尚更怖いことなのでしょう。一人で行くのが怖かったら多人数で行けばよいわけですが、話づらいことだから一緒に行く人を探すのもこれまた難しい。そんな社会なので、性風俗で働きたいわけではないけど、性風俗に興味がある女の人の行き場所がなくなってしまうわけです。そういう願望がこじれてしまって、ライターの北条かやさんのように、大阪の風俗街の飛田新地で風俗嬢志望として面接を受けて「働く気はなかったけど〝取材〟として面接を受けてきました」みたいなこと言って、風俗で働いている女性に対する冷やかしと捉えられ、炎上してしまうという悲しいことが起こってしまうわけです。

 というわけで、働きたいわけではないけど風俗に興味がある女の人は、正式に風俗客として遊びに行くのがベストなのであります。ほとんど人生のアイデンティティが風俗客になってしまっている25歳素人童貞は、社会的慈善活動(大嘘)として、おっパブ女子会に邁進しているのであります。

 女の人とおっパブに行くにあたって、まず女の人を正式に客として迎える準備ができているおっパブ店を探す必要があります。いろんなおっパブ店に電話する中で、25歳素人童貞は初めて自分が過ごしてきた日本が強固な男性社会であるということに直面しました。

 

素童「こんにちは。そちらのお店は女の人も客として遊べますか?

店員①「すいません、そういったことはしていないです。

 

素童「こんにちは。そちらのお店は女の人も客として遊べますか?

店員②「ちょっと確実なことは言えないです。出勤する女の子によります。

 

素童「こんにちは。そちらのお店は女の人も客として遊べますか?

店員③「できますけど、お店が混んでいる時は他のお客さんの目もあるのでダメにするかもしれません。。。

 

 おっパブ女子会けっこう難しいっ!!!大学の時にフェミニズムを少しだけ勉強していたのですが、所詮は社会を知らない大学生の机上の空論ということを思い知らされました。こうやって社会性活を営んでいく中で、圧倒的な現実として立ちはだかる男性社会に直面しながら、人は大人になっていくのですね。。。

 しかーし、7件目くらいに池袋の某おっパブ店に電話したら普通に女の人も客として入店OKということだったので、池袋の某おっパブに足を運んできました。しかも、閑散期だからなのかわかりませんが、フリーなら10分単位で1000円という破格のイベントをやってましたので、1人60分6000円で遊べました。安い。60分コースだと、女の子が15~20分交代で3~4人が順番についてくれる感じですね。

 Twitterでしか面識のない素性のよくわからないおっぱぶレポOLさんとフリーライターOLさんと池袋駅で待ち合わせをし、挨拶もそこそこに、素性のよくわからない女の子のおっぱいを揉むためにおっパブへ向かいました。

 おっパブに到着したらおっパブの前に店番のおじさんが立っておったので、

こんばんは~、ここ女の人も遊んでいいんですよねー?

 って確認したら

いいですよ~(^^)最近はいないけど、たまに来る女性の方もいるんですよ。もう女の子同士でおっぱいを舐め合いっこしちゃってもいいですよ(^^)

と、暖かい言葉を頂きました。とても気さくなおっパブです。本当に閑散期だったようで、夜のいい時間帯でもガラガラで、待ち時間なしでした。2階の部屋からスタッフの女性が出てきて、おっぱぶスペースへと案内されました。

 

②に続く(眠い)