オナクラの女の子にやられたの巻

 
 こんばんは。7月29日の土曜日。プレミアムフライデーを過ぎても素人童貞のままです。
 初夏が過ぎ、もう完全に夏ですね。夏真っ盛り。ホテルに着いた頃には暑くてもう汗だく。だからエアコンの温度を急激に低くするんだけど、デリヘル嬢と一緒にシャワーを浴びて部屋に戻ると「寒っ!」ってなって2人で布団に包まり、プレイが終わるころには素股運動の甲斐もあって「ちょうどよい暑さだね!」って、体温レベルでデリヘル嬢と意気投合してしまう、夏ですね。素股ってなんて非効率的な性行為なんだろう、と思っていましたが、身体が温まる効果があるんですね。
 
 最近、24歳素人童貞はボーナスが出たので顔面舐めの旅に出かけているのですが、顔面舐めはいいですね。〝顔面舐め〟っていうとまるで祝祭のようなインパクトのある印象がありますが、どちらかと言えばコンスタントに末長く付き合っていけるタイプのプレイな気がしています。「今日は良いことがあったし、思い切って顔面舐めプレイでもしますかっ!!!」みたいな感じではなく、「最近行ってないし、今月もそろそろ行っておくか~」みたいな。ある種のフェイスマッサージのノリですね。そんな気がしております。
 
 人間とは不思議なもので、顔面舐めされたいから顔面舐めのお店に行ったのに、顔面舐めされ続けると今度は顔面舐め以外のところで女の子に惹かれてしまうんですよね。そりゃそうですよね。だって、みんな顔面舐めしてくれるんだから。よくよく考えれば全く不思議じゃありませんでした。申し訳ございませんでした。
 
 ボーナスの力で何人かの女の子に顔面舐めをしてもらったのだけど、その中で一人だけ異様に気になってしまっている女の子がいるんですよね。もちろん、その女の子の唇が稀に見るぷりっぷりさだとか、唾液の量がすごいとか、そういう天賦の才に惹かれてしまっているところがあるのは当然の前提なんですけど、それ以上になぜか気になって気になって仕方がないところがあるのでござんす。なんでだろう~?と仕事中にずっと考えていたら最近スッキリした点があったので、書きとめておこうと思います。
 
 吾輩が顔面を舐められにいっているお店はオナクラなわけですが、オナクラって、言ってしまえば女の子の一挙手一投足にオプション料金が発生するみたいなところで、そこのオナクラは「手でお客様の乳首いじり」が2000円もするんですよね。乳首を舐めてくれるなら2000円でもギリ許せるけど、手でいじられるだけなんですよ。まぁこんなこと言うと乳首を手でいじることに特化したNPO法人とかから「乳首を舐めるより乳首を手でいじるほうが下ってことですか!乳首をいじってる手に対する差別なんじゃないでしょうか!?!?」ってクレームが来るようなネット社会だからあまり大きな声では言えないのだけど、 「手でお客様の乳首いじり 2000円 」がどれくらいのものかって言えば、もうレタス1玉500円みたいなもんです。レタス1玉500円に値上がりした時に主婦が絶叫するくらいの勢いで、乳首いじられ隊の24素人童貞は心の中で絶叫しているわけですよ。まぁ、主目的は顔面舐めなわけだし、 貧乏人の若造なので「手でお客様の乳首いじり」はお財布と相談して泣く泣く諦めました。
 
 そんで、女の子とプレイをするわけです。最初は服を着ながらキスをして、盛り上がってきたところで服を脱ぐように言われ、裸のままベッドに仰向けにされます。吾輩と同い年くらいか、もしくは1~2歳くらい年下の女の子が、吾輩の上に覆いかぶさって「乳首は感じるの?♡」なーんて甘い言葉を投げかけてきて、「感じますよ~!おちんちんと連動してますからね~!」って吾輩がウキウキ気分で返事をすると、「うふふ♡」って悪戯な笑みを浮かべながら、吾輩の乳首の上に人差し指を軽く乗っけて、、、、、おしまいなわけです。それからは吾輩の乳首は相手にされるなんてことはなく、顔面舐めの海に溺れながら見事に果てさせられました。
 
 「何か知りたいことあればまずネットで調べろ」と言われていた時代は過ぎ、「ネットで調べると嘘のニュースやまとめサイトに騙される」ことが多くなった雑多な情報化社会に変化してきた昨今、貴重な情報の価値が相対的に上がったからなのか、あるいは、「自分は金を払って真の情報を得ている」という自尊心の保持のためか、マスメディアから個人サイトに至るまで、〝有料記事〟というのがネット上では流行っておりますね。ただ有料にしただけでは読んでくれないから、途中まで無料で読ませてあげて、続きを読もうとしたら「続きは有料です」ってなるみたいな。
 
 
 

f:id:shirotodotei:20170729105904p:plain

 
 あの女の子の  「手でお客様の乳首いじり」ならぬ 「お客様の乳首に人差し指おき」はなんだったんだ!って、1か月近く悶々としていたというか、あのまま乳首いじりをされてしまったらどうなっていたんだろうって、気になって気になって仕方がなくなって、その女の子のことが忘れられなくなってしまっているんだけど、要するに 「お客様の乳首に人差し指おき」 は「手でお客様の乳首いじり」の無料公開版だったってことなんだなぁ。あの女の子は決して言葉にはしてないけど、 「続きは有料です」って、吾輩の乳首とおちんちんはいつの間にかそのメッセージを受信してしまっている。やられた。
 
 そのことに気づいてからも「うわ~、やられたな~、やられた~」って、ずっと思ってるんだけど、気づいたとしてもまた絶対に行っちゃうんだろうなぁ。 っていうか確実に行くね。もう行く気満々。そんで「手でお客様の乳首いじり」を2000円で買っちゃうんだろうなぁ。やっぱすごいんだよ、「続きは有料です」っていうのは。