読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M性感嬢との対話⑥

3月14日 M性感嬢との会話

小雨の降る夜に、都内の某ラブホテル、30代前半くらいのM性感嬢とのプレイ終わりの会話

 

嬢『そいえばね、ドライオーガズムについてまとめたノートがあるの!』

我『見して』

 

嬢『ほら、これ!射精の快感がこういう形のグラフだとすると、ドライオーガズムの快感はこんな感じなの』

 

我『へぇー』

 

嬢『そんでね、ドライオーガズムの感想も人によって違うの。気持ち良い型の人と、世界が広がった型の人と、よくわかんない型の人がいるの』

 

我『あー、自分は世界が広がる型かも。そいえばさ、ドライオーガズムと宇宙を結びつける人っていない?』

 

嬢『いるよいるよ!っていうか私も宇宙と繋がってる人だから、ほら、今日も水晶とかつけてるし、この水晶、宇宙と繋がってるんでゲス!』

 

我『そうだったのか』

 

嬢『うん、なんか昔から人と話が噛み合わないなーっ、て思ってたけど、多分私が宇宙人だからだったんだ、でゲス!』

 

我『まじか、宇宙人だったのか。でゲスって急になんですか?(笑)』

嬢『宇宙人でゲス!』

 

我『宇宙人でゲス!』

 

嬢『右乳首をツーンでゲス!』

 

我『あっ』

 

嬢『右乳首をツーンでゲス!』

 

我『あっ』

 

我『そろそろ時間だからホテル出ないと』

嬢『出ないと、でゲス!』

 

 

 

この後、エレベーターで1Fまで降りてフロントを出るまで、服の上から『乳首ツーンでゲス!』と乳首をツンツンされ、ホテルを後にした。