風俗に行っても処女厨は治らない

 「処女厨」というのは、処女が好きで好きで仕方のない人のことだ。

 「処女」というのはもちろん、性行為をしたことがない女性のことを指す。

少し考えればわかることだが、多くの人は厳密な意味での「処女」なんて求めていない。性風俗店のホームページを見れば明らかだ。

 

 日本の性風俗店では「業界未経験」や「男性経験ゼロ!」なんてことが風俗嬢の1つのステータスになっている。もはや「素人の初心な女の子とエッチなことができる」ということは、日本の性風俗店の価値の中心に位置している。

 端から見れば、矛盾も甚だしい。

 例え業界未経験であっても経験人数ゼロであっても、初心なのは最初の間だけだ。そもそもなぜ「不特定多数の人と性行為をする」ということが前提のお店に置いて、「業界未経験」や「経験人数ゼロ」なんてものを求めるのだ。バカなのか?そうだ。バカだ。しかもワシは素人童貞だ。バカなのに素人童貞だ。いや、バカだから素人童貞なのかもしれない。もし「バカだから素人童貞」なのだとしたら、僕はバカな時点で素人童貞ということを運命づけられていたということになる。もし、そのように運命づけられているのだとしたら、さっき「バカなのに素人童貞だ」って言っていた僕があまりにも救われないではないか!バカだから素人童貞を運命づけられているのに「バカなのに素人童貞だ」なんて言っているだなんて、世界の認識が根本的にずれてしまっている。可哀想だ。しかし、それもバカに運命づけられたことなのかもしれない。

 

 要するに、風俗客が求めている「処女」というのは「処女っぽさ」にすぎない。実際に本当の処女が働いてサービスも不十分なら、2chか風俗レポサイトにボロクソ書かれて終わりなのである。一部のおじさんは優しくしてくれるかもしれないが。

 

 処女っぽく、そしてサービスも素晴らしい。


これが求められている。理想の処女だ。風俗客はワガママなんだ。
なんでこんなワガママになってしまうのかと言えば、処女厨が亡霊のように付きまとってくるからである。処女厨は引き剥がそうとしても引き剥がせない性質のものなのである。

 

 ここら辺は性風俗に関係している人であれば当たり前のように知っていることだろう。 しかし処女厨はもっと根深い。僕はさらにもう一重の処女厨を背負っている。

 風俗レポサイトでは、よく「口開け」という言葉が登場する。
「口開け」とは、その日出勤した風俗嬢の最初のお客さんで入れたということである。
「今日は◯◯ちゃんに口開けで入れた!」
なんて使い方をする。

僕はいつも口開けを狙う。口開けでないと諦めることすらある。
それは「風俗嬢のケアが不十分で前のお客さんの唾液がどこかに付着しているのかもしれない」というような非常に直接的な理由もある。しかしそれよりも、もっと精神的な理由の方が大きい。

 今日、この女の子が自分より前に他の人とプレイをしたという状況だけで汚く思えてしまうのである。それは、恋人のふとした仕草の中に前の恋人の匂いを感じ取って汚さを感じてしまうような、そんなタイプのものである。

 これもまた1つの処女厨だ。普通に重症だろう。
だって、自分の頭の中では風俗嬢は毎日、毎日、処女になる。
その日その日の処女を奪えるのは、口開けの客だけということになっている。

 

その日、その日の処女。

 

処女 of the day!!

 

処女 of the day!!

 

処女 of the day!!